出産内祝いのマナー

出産内祝い 一般マナー

出産内祝いとは?

出産祝いのお返しを「内祝い」として贈ります。出産内祝いは、もともとは身内や出産でお世話になった方への出産の報告でした。現在のようにお祝いを頂いたかどうかに関係ありませんでした。しかし最近では、出産祝いを下さった方へのお返しとして出産内祝いを贈るようになっています。

出産内祝いの金額の目安は?

出産内祝いは、頂いたものの三分の一から半額程度が目安です。以前は、赤飯やかつお節などもありましたが、最近は先様に喜ばれるタオルなどの実用品なども多いです。また先様が自由に好きな選べるギフトカタログも人気です。

お祝い返しはいつ頃までに、返さないと失礼になる?

出産内祝いを送る時期は生後1ヵ月のお宮参りの頃までと言われますが、ママさんの体調が一番大事です。初めての出産では、なにかと忙しいと思います。生後2ヶ月ぐらいまでなら伸ばしてもOKですよ!

出産内祝いの際、のしは何と書けばいいの?

出産内祝いの場合、表書きは「内祝」とし、赤ちゃんの名前で送るのが一般的です。
赤ちゃんのお名前のお披露目の意味もあります。

出産内祝い のし紙

  • のし:紅白の蝶結び
  • 表書き:出産内祝
  • 名前:苗字
  • のし:紅白の蝶結び
  • 表書き:内祝
  • 名前:お子様のお名前
お祝いマナー・コラム
  • ギフト商品の特性上、時間経過とともに価格やサービス内容等が変動することがあります。最新情報については各リンク先の販売店にてご確認ください。
  • 情報取得のタイミングにより、稀にギフト以外の商品がランキングに掲載される場合があります。予めご了承ください。
  • 当記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がOiwaiGiftに還元されることがあります。
OiwaiGift – お祝いギフト
タイトルとURLをコピーしました